包茎手術に悩んだら全日本包茎手術クリニックTOP>岡山院


T 全日本包茎手術クリニックが岡山院を詳解


岡山院
岡山院のホームページ

[解説] 瀬戸大橋の開通で四国への玄関口としての役割が大きくなった岡山。当然に四国からの包茎患者の来院も期待されている。 そんな岡山市で人気・治療実績共にトップを走っている専門院はここ。莫大な広告宣伝費を惜しげもなく投入して中国地方の包茎患者を広島院と2分する勢いです。 そんな上野の包茎手術は、(1)「複合曲線」といわれる亀頭の形に沿った曲線を描く切除ラインの作図、(2)美容外科の技術を取り入れたハンドメスでの切開、 (3)注射の痛みを感じさせない3段階麻酔法が特色として挙げられる。(1)、(2)はバイトの医師が中心となっている専門院ではまねができない技術である。 包茎手術専門院の中では常勤医の在籍が一番多く、整備された研修体制のもと高い技術力をほこっている病院がここだ! 一生に一度の包茎手術…安心・安全を買いたい岡山の患者さんにはここをお奨めしたい。

岡山院の写真
岡山院の詳細

[岡山院へのアクセス]

岡山駅東口を出て駅前ロータリーを市役所筋に右折してすぐ。岡山島屋の隣。岡山駅から徒歩1分。




岡山での提携病院1
岡山での提携病院1のホームページ

[解説] 岡山の包茎手術専門院の中で地味ながら堅実さを売りにする病院がここ。 日本全国に30院近い分院を抱える規模だけなら日本一の包茎専門院。これだけ分院数をもちながら、なぜか岡山への進出は遅れてしまった。 そのため、岡山市では上野の勢力が強いという。 ここの包茎手術の特色は「コスメティック法」という美容外科の技法を取り入れた包茎手術で、「仕上がりの自然さ」を追求した先駆的な 技術として知られている。特に糸目を残さない包茎手術の縫合法には注目してほしい。また学割やシニア割などの支払い優遇制度を完備。 誠実な診療姿勢と相まって、岡山にしっかり根付くときも近い。

岡山での提携病院1の写真
岡山での提携病院1の詳細



岡山での提携病院2
岡山での提携病院2のホームページ

[解説] 岡山に開院している包茎手術専門院の中では最後発の病院。ただ主に手術を担当している 本田総院長は包茎手術のカリスマと呼ばれ、また知る人ぞ知る有名人である。カリスマと呼ばれているのは複数の包茎手術専門院の院長を歴任してきたため、 各院の包茎手術の術式の全てを知る男だから。そして横綱・朝青龍の主治医として、また元巨人・王貞治の娘婿になり損ねた男としてマスコミを騒がせたからである 病院の治療方針は「包茎はできるだけ切らずに治す」ということ。そのため亀頭を形成して包皮を堰き止めて包茎を治療したり、 切らない長茎術で包茎を治したりすることを得意とする。傷跡が心配な岡山市の患者さんは試してみても良いかもしれない。

岡山での提携病院2の写真
岡山での提携病院2の詳細



岡山での紹介病院1
岡山での紹介病院1のホームページ
  1. 院長名・横溝  智
  2. 住 所・岡山市北区奉還町1-2-1 MKビル1階
  3. 電 話・0120−088−460
  4. 治療費・包茎手術70000円〜200000円



岡山での紹介病院2
岡山での紹介病院2のホームページ
  1. 院長名・理事長 松尾 悠紀
  2. 住 所・岡山市北区本町2-10 SEC岡山駅前ビル2階
  3. 電 話・0120−329−902
  4. 治療費・包茎手術49000円〜400000円



岡山での紹介病院3
岡山での紹介病院3のホームページ
  1. 院長名・横山 光彦
  2. 住 所・岡山市北区今2-7-1
  3. 電 話・086−241−3322
  4. 治療費・仮性包茎手術 80000円

U 包茎手術を受ける前と受けた後の注意点

包茎手術を受ける前の注意点

  1. 包茎手術当日はできるだけ入浴を済ませましょう。手術後数日は入浴が制限されますし、患部が汚れた状態ではけっこう恥ずかしいです。
  2. 包茎手術の予定時間に空腹な状態にならないように食事を済ませましょう。
  3. 病院まではできるだけ公共の交通機関を利用しましょう。帰宅途中に麻酔が切れて痛みが出る恐れや急に気分が悪くなったりするケースがあります。
  4. パンツ(下着)はボクサーパンツのように患部がブラブラしないタイプ、ズボンはスエットのような緩めのタイプが望ましいです。
  5. 常に服用している薬があるときは必ず持参しましょう。

包茎手術を受けた後の注意点

  1. 治療費の支払いを分割にするときは必ず金利を確認し一番有利な支払方法を選択しましょう。事前に自分が持っているカード等の金利は確認しておくことを奨めます。
  2. 痛み止めの薬を出された時は、すぐ使用しておきましょう。痛みが出てから使用すると効果が出るまでのタイムラグが辛いです。
  3. 心配だからといって過剰な消毒はやめましょう。傷に負担がかかって逆効果です。
  4. 必ず縫合糸が取れて、病院が指定した時が過ぎてから性交渉に使用しましょう。特にマスターベーションは力が入りすぎてしまうので注意しましょう。
  5. 患部を洗えるようになったら必ず綺麗にすることを心がけましょう。怖がって入浴できず患部を不潔にしてしまうと感染をおこしてしまいます。