包茎手術に悩んだら全日本包茎手術クリニックTOP>広島院


T 全日本包茎手術クリニックが広島院を詳解


広島院
広島院のホームページ

[解説] 広島県で知名度・治療実績が1番高い包茎手術専門院はここだ。 広島県内のみならず、山陰地方や瀬戸内海を渡って四国地方からも患者が来院するそうだ。 ここの包茎手術の特徴は「複合曲線」といわれる切除ラインの作図法と美容外科のノウハウを生かしたハンドメスによる切開術あるといわれている。 完全ハンドメイドならではの亀頭の形状にあわせた切除ラインは、クランプなどの簡易包茎手術器具を使用した画一的な仕上がりとは異なり、 患者さんの個性を生かした自然な仕上がりを保証する。これも常勤の医師が診療スタッフに多いため実現できる技で、バイト医師だけの専門院と 一味違うグレードをもっている。一生に一度の包茎手術を後悔しないためにも…包茎手術は、ここでしょう!

広島院の写真
広島院の詳細

[広島院へのアクセス]

広島県庁の近く。相生通り沿いで広電本線紙屋町東駅の目の前。和光紙屋町ビルの1階は「アパマンショップ」。紙屋町東駅から徒歩0分。JR広島駅から徒歩20分。




広島での提携病院1
広島での提携病院1のホームページ

[解説] 広島県で包茎手術専門院トップの地位を争っているのがここ。一般に対する知名度こそ上野に負けているが、 治療実績数では互角との評判。それは「3,30,3プロジェクト」と呼ばれる治療費のキャンペーンによるところが大きい。特定の条件を満たせば 治療費が安くなるもので、「3万円包茎手術」はここの代名詞になっている。
特に資金的な事情から包茎手術に踏み切れないでいた患者さんからの診療予約が殺到して、来院当日の手術は受けられない事態まで生じたという。 「安価」「安心」「安全」を旗印に、今日も包茎を切りまくっている!

広島での提携病院1の写真
広島での提携病院1の詳細



広島での提携病院2
広島での提携病院2のホームページ

[解説] 広島市内の包茎手術専門院の中で「地道」に「堅実」で、すごい病院がここ。着実に日本全国に分院を展開して、 気がついたら30か所に及ぶ分院網が完成。昔は大都会や地方の中心都市まで行かなければ包茎手術が受けられなかったのに、ここができてから 包茎手術の地元志向が高まったという。 包茎手術の特色は「コスメティック法」という美容外科の技法を取り入れた医療技術で、昭和の「速さ」と「手軽さ」を売りにしていた 包茎手術が全盛だった時代に「仕上がりの自然さ」を追求した先駆的な病院でもあります。 病院のホームページの明示しているのは総院長のみ、院長名は残念ながら不明です。

広島での提携病院2の写真
広島での提携病院2の詳細



広島での提携病院3
広島での提携病院3のホームページ

[解説] 広島をはじめとした西日本に強い地盤をほこっている包茎手術専門院がここ。病院の医療法人化では 専門院の中で一番進んでいる。 形成外科の専門医を中心とした医療スタッフは、仕上がり…特に傷跡に対するこだわりが高いことで知られる。 そのため以前はホームページ上に術後の写真も掲載していたほど、仕上がりには自信を持っていた。 知名度・治療実績などはまだ上位クリニックには及ばないが、今後包茎手術業界の台風の目になる予感を感じさせる病院である。

広島での提携病院3の写真
広島での提携病院3の詳細



広島での紹介病院1
広島での紹介病院1のホームページ
  1. 院長名・杉江 嘉哉
  2. 住 所・広島市中区銀山町1-11 フジスカイビル5階
  3. 電 話・0120−088−407
  4. 治療費・包茎手術70000円〜200000円



広島での紹介病院2
広島での紹介病院2のホームページ
  1. 院長名・高山 正三
  2. 住 所・広島市中区中町1-3 ダイヤ並木ビル5階
  3. 電 話・082−545−7733
  4. 治療費・包茎手術 80000円〜130000円



U 包茎手術を受ける前と受けた後の注意点

包茎手術を受ける前の注意点

  1. 包茎手術当日はできるだけ入浴を済ませましょう。手術後数日は入浴が制限されますし、患部が汚れた状態ではけっこう恥ずかしいです。
  2. 包茎手術の予定時間に空腹な状態にならないように食事を済ませましょう。
  3. 病院まではできるだけ公共の交通機関を利用しましょう。帰宅途中に麻酔が切れて痛みが出る恐れや急に気分が悪くなったりするケースがあります。
  4. パンツ(下着)はボクサーパンツのように患部がブラブラしないタイプ、ズボンはスエットのような緩めのタイプが望ましいです。
  5. 常に服用している薬があるときは必ず持参しましょう。

包茎手術を受けた後の注意点

  1. 治療費の支払いを分割にするときは必ず金利を確認し一番有利な支払方法を選択しましょう。事前に自分が持っているカード等の金利は確認しておくことを奨めます。
  2. 痛み止めの薬を出された時は、すぐ使用しておきましょう。痛みが出てから使用すると効果が出るまでのタイムラグが辛いです。
  3. 心配だからといって過剰な消毒はやめましょう。傷に負担がかかって逆効果です。
  4. 必ず縫合糸が取れて、病院が指定した時が過ぎてから性交渉に使用しましょう。特にマスターベーションは力が入りすぎてしまうので注意しましょう。
  5. 患部を洗えるようになったら必ず綺麗にすることを心がけましょう。怖がって入浴できず患部を不潔にしてしまうと感染をおこしてしまいます。