包茎手術に悩んだら全日本包茎手術クリニックTOP>甲府院


T 全日本包茎手術クリニックが甲府院を詳解


甲府院
甲府院のホームページ

[解説] 甲府市に進出した唯一の大手包茎手術専門院がここ。それまで専門院の手術を希望する患者さんは誰もが東京方面まで 足をはこんでいたため、ここの開院は身近な場所で専門院の包茎手術を受けられる貴重な存在。 東京ノーストは日本全国に30か所に及ぶ分院を展開する規模だけでは最大の包茎手術専門院。これだけ多くて管理運営はしっかりできているのか不安がる声も あがるが、不思議と大きなトラブルは聞こえてこない。包茎手術は日本でもいち早く美容外科の技術を取り入れた専門院として知られ、傷跡の糸目を残さない 縫合法は自信のオリジナル技術である。

甲府院の写真
甲府院の詳細

[甲府院へのアクセス]

甲府駅南口の正面。駅前ロータリーに面したビル。山交百貨店の並び。吉野家ビル1階は「理容プラージュ甲府店」。甲府駅から徒歩1分。




甲府での提携病院1
甲府での提携病院1のホームページ

[解説] 甲府市内には分院は存在しないため東京方面に行く必要がある。以前は新宿院が最寄りの病院だったが 最近になって立川院が開院。山梨県の包茎患者にとっては喜ばしいことだ。 特定の条件を満たせば包茎手術が3万円になる格安のキャンペーンが評判になり、資金力が弱い若い世代の患者さんからの支持は高い。 全分院の院長名を公表するなど診療体制も確立している。「安価」「安全」「安心」をモットーにして業界の首位に君臨する上野を 捉える日も近い!

甲府での提携病院1の写真
甲府での提携病院1の詳細



甲府での提携病院2
甲府での提携病院2のホームページ

[解説] 甲府市内のは分院は存在しないが山梨県では人気・実力共に高く評価されている病院。上野の包茎手術を 受けるには新宿まで行く必要があるが、中央線を利用して足をはこぶ患者さんはかなり多い。 それほど人気が高いのは抜群の知名度もあるが、包茎手術で切除ラインを複合曲線で作図しカットする技術と診療体制にあるといわれる。 患者さんの亀頭の形状にあわせて切除ラインを作図するため傷跡を目立たせない自然な仕上がりを追及したもの。 それが可能なのは包茎手術が「クランプ」などの簡易包茎手術器具を使用しない完全ハンドメイドだから。 これは常勤の医師が多く研修体制や急な出血に対応できる緊急体制が整っているからこそ実現できる技なのだ。 常勤医師と24時間アフターケア体制を完備して安心・安全面は限りなく高い。 一生に一度の包茎手術を後悔しないためにも、診療体制に定評のある病院での包茎手術をお薦めする。

甲府での提携病院2の写真
甲府での提携病院2の詳細



甲府での紹介病院1
甲府での紹介病院1のホームページ
  1. 院長名・江口 (姓のみで名は不明)
  2. 住 所・甲府市相生2-5-3 チェリーハイツ102
  3. 電 話・050−1033−8926
  4. 治療費・包茎手術100000円〜



甲府での紹介病院2
甲府での紹介病院2のホームページ
  1. 院長名・不 明
  2. 住 所・甲府市丸の内2-2-3 第11浅川ビル3階
  3. 電 話・0120−977−089
  4. 治療費・包茎手術 150000円〜



U 包茎手術を受ける前と受けた後の注意点

包茎手術を受ける前の注意点

  1. 包茎手術当日はできるだけ入浴を済ませましょう。手術後数日は入浴が制限されますし、患部が汚れた状態ではけっこう恥ずかしいです。
  2. 包茎手術の予定時間に空腹な状態にならないように食事を済ませましょう。
  3. 病院まではできるだけ公共の交通機関を利用しましょう。帰宅途中に麻酔が切れて痛みが出る恐れや急に気分が悪くなったりするケースがあります。
  4. パンツ(下着)はボクサーパンツのように患部がブラブラしないタイプ、ズボンはスエットのような緩めのタイプが望ましいです。
  5. 常に服用している薬があるときは必ず持参しましょう。

包茎手術を受けた後の注意点

  1. 治療費の支払いを分割にするときは必ず金利を確認し一番有利な支払方法を選択しましょう。事前に自分が持っているカード等の金利は確認しておくことを奨めます。
  2. 痛み止めの薬を出された時は、すぐ使用しておきましょう。痛みが出てから使用すると効果が出るまでのタイムラグが辛いです。
  3. 心配だからといって過剰な消毒はやめましょう。傷に負担がかかって逆効果です。
  4. 必ず縫合糸が取れて、病院が指定した時が過ぎてから性交渉に使用しましょう。特にマスターベーションは力が入りすぎてしまうので注意しましょう。
  5. 患部を洗えるようになったら必ず綺麗にすることを心がけましょう。怖がって入浴できず患部を不潔にしてしまうと感染をおこしてしまいます。