包茎手術に悩んだら全日本包茎手術クリニックTOP>神戸院


T 全日本包茎手術クリニックが神戸院を詳解


神戸院
神戸院のホームページ

[解説] 新神戸駅前にある「包茎手術のカリスマ」が運営する包茎手術専門院。 神戸市内には大手の包茎手術専門院が最近まで存在しなかったため、総院長の知名度が高い本田ヒルズが市内では強かった。 なぜカリスマといわれているかというと…それは複数の大手包茎手術専門院の院長を歴任した経歴から。 ここまで包茎専門院を渡り歩いた医師は業界でも珍しいという。 病院のホームページに明示してある院長は総院長の本田医師のみ。ここは総院長自ら各地の分院を巡回して主な包茎手術を担当しているという こともあるので各分院の院長は飾りだけなのかも。
病院の治療方針は「包茎はできるだけ切らずに治す」ということ。包茎手術の傷跡が心配な兵庫県の患者さんはここがお薦め!

神戸院の写真
神戸院の詳細

[広島院へのアクセス]

新神戸駅を出て駅前の布引交差点角。「新神戸オリエンタルアベニュー」の隣。新神戸駅から徒歩1分。




神戸での提携病院1
神戸での提携病院1のホームページ

[解説] 神戸市にABCが進出!ということでホームページで分院情報を確認すると…病院名が違うことが判明。 「ABCの公認クリニック」というものらしく、そこには「公認クリニックとは、ABCと同様の治療・サービスを受けることが可能なクリニックのことです。」 と表示されていた。まだ最近開業した美容外科のクリニックらしいので、以前ABCに勤務していた医師が独立して開業した可能性が高いようだ。 それなら、同様な医療サービスが受けられるはず。ぜひ包茎手術のコストパフォーマンス日本一の実力を神戸でも見せてほしいものです。

神戸での提携病院1の写真
神戸での提携病院1の詳細



神戸での提携病院2
神戸での提携病院2のホームページ

[解説] 神戸市内のは分院は存在しないが兵庫県でも人気・実績共に一番高い病院。上野の包茎手術を 受けるには大阪・梅田まで行く必要があるが、足をはこぶ患者さんはかなり多い。 それほど人気が高いのは知名度もあるが、包茎手術で切除ラインを複合曲線で作図しカットする技術と診療体制にある。 患者さんの亀頭の形状にあわせて切除ラインを作図するため傷跡を目立たせない自然な仕上がりを保証する。 それが可能なのは包茎手術が「クランプ」などの簡易包茎手術器具を使用しない完全ハンドメイドだから。 これは常勤の医師が診療スタッフに多いため実現できる技なのだ。常勤医師と24時間アフターケア体制を完備して安心・安全面は限りなく高い。 一生に一度の包茎手術が二度にならないためにも…関西で包茎手術はここだろう。

神戸での提携病院2の写真
神戸での提携病院2の詳細



神戸での提携病院3
神戸での提携病院3のホームページ

[解説] 神戸をはじめ西日本に強い地盤を誇っている病院がここ。大阪に近いため大手の包茎手術専門院が 進出していない神戸にいち早く分院を開業。市内の専門院では一番古い歴史がある。 形成外科の専門医を中心とした医療スタッフは、仕上がり…特に傷跡に対するこだわりが高いことで知られる。 そのため以前はホームページ上に術後の写真を掲載していたほど、仕上がりには自信を持っていた。 業界でもいち早く医療法人化をはかった進取の精神とフットワークの軽さは驚異である。 知名度・治療実績などはまだ上位クリニックには及ばないが、今後包茎手術業界の台風の目になる予感を感じさせる病院である。

神戸での提携病院3の写真
神戸での提携病院3の詳細



神戸での提携病院4
神戸での提携病院4のホームページ

[解説] 大阪の地場系の包茎手術専門院から西日本方面に着実に勢力を拡大している病院がここ。 包茎手術専門院の中ではいち早く「広域医療法人」化に成功した。 「シニア世代」に特化した運営方針は、資金的に余裕のあるこの世代は包茎手術と合わせてオプション治療も希望する患者も多く売上に大きく寄与しているそうだ。 少子化が叫ばれ若者の包茎人口が減少している昨今では先見の明があった高い評価を得ている。

神戸での提携病院4の写真
神戸での提携病院4の詳細



神戸での紹介病院1
神戸での紹介病院1のホームページ
  1. 院長名・馬場 幹治
  2. 住 所・神戸市中央区三宮町1-3-15 京町筋安田ビル6階
  3. 電 話・0120−884−796
  4. 治療費・包茎手術70000円〜200000円



神戸での紹介病院2
神戸での紹介病院2のホームページ
  1. 院長名・きいち ゆうこう
  2. 住 所・神戸市中央区三宮町3-9-19 イトウビル6階
  3. 電 話・0120−979−140
  4. 治療費・包茎手術84000円



U 包茎手術を受ける前と受けた後の注意点

包茎手術を受ける前の注意点

  1. 包茎手術当日はできるだけ入浴を済ませましょう。手術後数日は入浴が制限されますし、患部が汚れた状態ではけっこう恥ずかしいです。
  2. 包茎手術の予定時間に空腹な状態にならないように食事を済ませましょう。
  3. 病院まではできるだけ公共の交通機関を利用しましょう。帰宅途中に麻酔が切れて痛みが出る恐れや急に気分が悪くなったりするケースがあります。
  4. パンツ(下着)はボクサーパンツのように患部がブラブラしないタイプ、ズボンはスエットのような緩めのタイプが望ましいです。
  5. 常に服用している薬があるときは必ず持参しましょう。

包茎手術を受けた後の注意点

  1. 治療費の支払いを分割にするときは必ず金利を確認し一番有利な支払方法を選択しましょう。事前に自分が持っているカード等の金利は確認しておくことを奨めます。
  2. 痛み止めの薬を出された時は、すぐ使用しておきましょう。痛みが出てから使用すると効果が出るまでのタイムラグが辛いです。
  3. 心配だからといって過剰な消毒はやめましょう。傷に負担がかかって逆効果です。
  4. 必ず縫合糸が取れて、病院が指定した時が過ぎてから性交渉に使用しましょう。特にマスターベーションは力が入りすぎてしまうので注意しましょう。
  5. 患部を洗えるようになったら必ず綺麗にすることを心がけましょう。怖がって入浴できず患部を不潔にしてしまうと感染をおこしてしまいます。