包茎手術に悩んだら全日本包茎手術クリニックTOP>亀頭直下法


T 亀頭直下法の解説

環状切開術の包茎手術で、切除ラインを亀頭から5mm前後の位置にもってくる手術方法。内板(包皮の内側・粘膜部分)の量を少なくすることで 粘膜のピンク色の部分を少なくし、陰茎がツートンカラーにならないようにできる。また傷跡が亀頭冠の近い位置にくるため傷跡が隠れて目立たなくなる という。亀頭直下埋没法という呼名もあるが同じ方法である。
包茎手術専門院の包茎手術は亀頭直下法になる。一般の泌尿器科のクリニックで 包茎手術を受けると亀頭直下法にはならないが、最近は希望する患者さんが多いため亀頭直下法を取り入れているクリニックも増えてきてはいる。


U 亀頭直下法のメリット・デメリット(危険性)

亀頭直下法のメリット

亀頭直下法のデメリット(危険性)