全日本包茎手術クリニックDX>包茎手術の真実 川崎編


包茎手術の真実 川崎編
【全日本包茎手術クリニックDX】


T 川崎のBEST包茎手術クリニック5選


中央クリニック川崎院
川崎中央クリニックのホームページ

[解説] 川崎市内には包茎手術専門院は存在しない。そのため地元で包茎手術を受けたい患者さんを 治療してきたのが川崎中央クリニックです。包茎手術などの男性美容の病院からスタートし、今や大手の美容外科クリニックまで成長した病院がここ!
そのため包茎手術を得意とする医師が多数在籍していることで知られている。包茎手術のスタンダードといわれる「亀頭直下法」はここが学会に発表して世に広めた手術法 とされている。美容外科のクリニックなので男性には敷居が高く感じるむきもあるが、男性スタッフが対応するなど包茎というナイーブな悩みを 抱える患者さんに対する配慮は万全。

中央クリニック川崎院
中央クリニック川崎院の詳細


[川崎院へのアクセス]

川崎駅東口を出て京急川崎駅方向に進む。京急川崎駅中央口前。1階は「ファミリーマート」です。


美容外科のクリニックながら男性美容にも実績をもっている中央クリニック。川崎には神奈川クリニックが閉院してから包茎手術専門院が存在しなかったため、 中央クリニックが包茎手術専門院の替わりをつとめてきました。美容外科専門医の院長自らの手による包茎手術は見栄えにも十分に配慮された仕上がり。
川崎市内で包茎手術を検討するなら中央クリニックが一番。



上野クリニック横浜院
上野クリニックのホームページ

[解説] 神奈川の包茎手術専門院の中で実績・人気・実力の三拍子がそろった病院といわれているのが上野クリニック! 横浜に存在する専門院で一番 歴史のある病院で、以前はハマボウル付近にクリニックを構えていたが、患者の利便性を考えて横浜駅南口・相鉄口前に移転した。膨大な広告宣伝量で川崎市での知名度は高く 「包茎手術といえば上野」というイメージが完全にできている。ただ、ここが凄いのは実力の裏付けがあること。 上野の包茎手術の特徴としてあげられる、(1)患者さん一人ひとり異なる亀頭の形に沿った曲線状の切除ラインを描くことで傷跡の目立たない 自然な仕上がりを実現していること、(2)研修がしっかりした常勤医師のハンドメスによる包皮カットをおこなっていること、(3)注射の苦痛を患者に与えない 3段階に及ぶ局所麻酔おこなっていること。包茎手術専門院の中で、ここまで徹底して「自然な仕上がり」を追究している病院は存在しないだろう。 治療費が高いという話も耳にするが、年間の来院患者数が1万2000人以上という結果が安心を求める患者さんの多さを物語っているのだ。

上野クリニック横浜院の写真
上野クリニック横浜院の詳細


[横浜院へのアクセス]

JR横浜駅みなみ西口・相鉄口から出て、目の前の「パルナード」を進んですぐ左側。浜西ビル1階は「ABCマート」。横浜駅から徒歩1分。


横浜駅みなみ西口・相鉄口近くに移転して集客力が増した感がある上野クリニック横浜院。神奈川の専門院の中では一番長い歴史と 一番高い実績をもつ。完全ハンドメイドの包茎手術の素晴らしい仕上がり具合は川崎の包茎患者にも知れ渡っている。



ABCクリニック横浜院
ABCクリニックのホームページ

[解説] 横浜に進出している包茎手術専門院のなかでは遅い進出だったが、いまや上野に対抗する存在まで急成長した病院がABCクリニック。 ABCを語るうえで外せないのが「3,30,3プロジェクト」と呼ばれた治療費のキャンペーン。そのため包茎手術のコストパフォーマンスが高い専門院として、 経済力がなく包茎治療をあきらめていた若い世代の患者さんを集客することに成功した。最近は「3万円包茎手術」といわれることを嫌ってキャンペーンを前面に出さなくなった。 包茎手術に絶対の自信を持っている病院で、診察・カウンセリングの際は術後の写真を見せて仕上がりを確認させている。しかも他院と比較してもらう「セカンドオピニオン」 を積極的に勧めている。「安心」「安全」「安価」もモットーに明朗会計に定評のあるABCを選ぶ川崎の患者さんは増々増加中である。

ABCクリニック横浜院の写真
ABCクリニック横浜院の詳細




四季の森クリニック
四季の森クリニックのホームページ
  1. 院長名・中野 康
  2. 住 所・川崎市高津区下作延2-4-3
    溝の口メディカルモール2F
  3. 電 話・044−750−8338
  4. 治療費・包茎手術90200円



高橋クリニック
高橋クリニックのホームページ
  1. 院長名・高橋 知宏
  2. 住 所・大田区中馬込2-22-16
  3. 電 話・03−3771−8000
  4. 治療費・包茎手術130000円




U包茎手術の真実 川崎編の解説

川崎といえば神奈川クリニックの発祥の地

かつて包茎手術専門院として日本中に分院を展開した神奈川クリニックの発祥の地が川崎市。場末の泌尿器科・性病科の診療所から包茎手術に着目したことで急成長。 日本全国に分院網を築いた。その後、美容外科のクリニックへと衣替えしたが、多額の宣伝費や分院の維持費がかさんでしまい閉院してしまった。 その後、川崎市には包茎手術専門院は存在しない。


川崎の包茎手術希望患者の動向

神奈川クリニックがなくなった後は、地元・川崎市で包茎手術を希望する患者さんは包茎手術を得意とする美容外科・川崎中央クリニックに行く方が多いようです。

また隣の横浜市まで足をのばせば上野クリニックをはじめ大手の包茎手術専門院が分院を展開しており選択の幅は広いものがあります。




V 包茎手術の真実:一般の泌尿器科の包茎手術

専門院の包茎手術との違い

一般の泌尿器科の包茎手術と専門院の包茎手術の一番の違いは切除ラインの位置です。具体的には「亀頭直下法」を採用しているか否かです。一般の泌尿器科の包茎手術は 泌尿器科の教科書通りの包茎手術をおこないます。切除ラインは亀頭から離れた位置で、特に亀頭周辺の粘膜部分は多めに残します。また基本的に見栄えより機能性を重視するので 傷跡が目立っても機能的な問題がなければ手術的に成功です。

大学の付属病院や大きな総合病院で包茎手術を受けると、これらの病院は医師の研修機関でもあるので若手の研修医が手術するケースが多いです。手術を受ける患者は 真性包茎なので保険治療です。保険治療の場合は病院が受け取れる診療報酬は総額で3〜4万円程度になります。この金額で医師を1時間拘束して、介助の看護師をつけ 手術室を2時間近く占有されたら病院は赤字になってしまいます。病院にとっては旨味のない手術なのでバリバリの外科医を使うことはできないのです。

これに対して専門院の手術は見栄え重視です。いかに傷跡を目立たせないかという観点から「亀頭直下法」が採用されます。

一般の泌尿器科でも個人経営のクリニックで、自費で仮性包茎でも包茎手術を実施してくれるクリニックが数は少ないですが存在します。これらのクリニックの中には 「亀頭直下法」で手術をしてくれるクリニックもあります。ただこれらのクリニックでは泌尿器疾患の外来患者さん中心の運営なので、手術日が決められているケースが多く 包茎患者の希望する日時で予約を取ることはできません。


監修執筆者写真
監修執筆者写真

監修者・執筆者

関根 太郎

病院経営コンサルタント会社経営。かつて包茎手術専門院に15年近く勤務した経験から包茎手術業界を知り尽くしています。ここでは川崎市及びその周辺で 包茎手術を実施している専門院・美容外科・保険診療の泌尿器科をくまなく調べてみました。 また川崎市の医療機関で掲載を希望される場合は、お気軽にご連絡ください。連絡先はお問い合わせメールまで。