全日本包茎手術クリニックDX


全日本包茎手術クリニックDX


包茎手術に悩まれている皆様に

全日本包茎手術クリニックDXへようこそ。
包茎手術情報サイトとして誕生した「全日本包茎手術クリニック」は、このたび最新情報を取り入れてリニューアル。DX版として復活しました。 理想的な包茎手術とは何か・専門院として妥当な治療費とは・その地方でお奨めな包茎手術治療院の紹介をおこなっています。
一生に一度といわれている包茎手術を後悔しないために、全日本包茎手術クリニックDXをぜひ参考にしてください。


T 包茎手術に悩んだら全日本包茎手術クリニックDXです!!


全日本包茎手術クリニックDXが推奨する上野クリニック

理事長・河合 悦宏

診療時間・午前10時〜午後8時

治療の特徴

(1)院長名が明示されている。つまり治療責任者が誰にでもわかるようになっている。

(2)常勤の医師が中心なので診察・治療・アフターケアまで一貫体制がとられいる。

(3)一貫体制がとられているため、自分がオペした包茎手術の仕上がり具合を医師が直接確認でき熟練度が高くなっている。

(4)常勤の医師が中心なので、出血しやすくても傷跡が綺麗に仕上がるハンドメスによる手作業の手術をおこなっている。

上野クリニック詳細

全日本包茎手術クリニックDXが紹介するABCクリニック
ABCクリニックの詳細

全日本包茎手術クリニックDXが紹介する東京ノーストクリニック
東京ノーストクリニックの詳細

全日本包茎手術クリニックDXが紹介するメンズライフクリニック
メンズライフクリニックの詳細

U 全日本包茎手術クリニックDXの方針

全日本包茎手術クリニックDXの病院選び4ポイント

(1)クリニックの院長名は明示していること

院長はそのクリニックの診療責任者です。これが明示していないクリニックで包茎手術を受けるべきではありません。 院長を明示していないクリニックは、院長が名義貸しで不在のクリニックだったり、アルバイト医師だけだったりする場合が多いので 注意が必要です。


(2)完全ハンドメイドの包茎手術が望ましい

完全ハンドメイドの包茎手術とは、クランプと呼ばれる簡易包茎手術器具を使用しない包茎手術を言います。クランプは使い方を覚えれば 不慣れな医師でも包茎手術が早く簡単にできるようになります。医師の研修が必要なく、多くの患者さんを大量に手術することができるので 包茎専門院側にとってメリットしかない器具ですが、傷跡が残りやすいなど患者側にはデメリットしかありません。


(3)抜糸した方が傷跡は綺麗です。

包茎専門院では抜糸の必要がない吸収糸を使用しているケースが多いです。これは患者さんに再来院する手間をかけさせないため と言われていますが、実際は抜糸の予約で包茎手術の時間が削られてしまうことを防ぐためでもあります。通常吸収糸は4週間程度で 自然と取れると言われていますが、人によっては6週間かかる人もいます。包茎手術なら通常2週間で抜糸できるはずですから、それだけ長く糸が 入っていると傷跡に糸目と呼ばれる痕がついてしまう恐れがあるのです。


(4)包茎専門院の治療費は患者によって様々な額です。

単純に治療費が安いからと言う理由で包茎手術専門院を選んではいけません。同じクリニックで同じ症状の患者達が包茎手術を受け、 術後の仕上がり具合も変わらないのに治療費が大きく異なるケースが多数存在します。これは専門院側の言われるがままに追加治療を 受け入れた患者さんと、最初から予算を決めて手術に臨んだ患者さんの違いです。


全日本包茎手術クリニックDXでは、以上の点を重視して包茎手術専門院を紹介しています。

V 全日本包茎手術クリニックDXのTopics

健康保険等の適用について

包茎手術専門院は自由診療の病院で、公的保険の取扱はしていません。そのため患者さんの症状にかかわらず公的保険の適用はありません。

健康保険等の適用について解説
医療機関ホームページガイドラインについて

厚生労働省よりいままで野放しになっていた、医療機関がホームページを作成する際の指針がでました。解説は下記をクリックしてください。

医療機関ホームページガイドラインについて解説


監修執筆者写真
監修執筆者写真

監修者・執筆者

関根 太郎

病院経営コンサルタント会社経営。かつて包茎手術専門院に15年近く勤務した経験から包茎手術業界に幅広い人脈を築き、医師や看護師の協力のもと このサイトを運営しています。包茎に悩まれ包茎手術を検討されている方は参考にしてください。
また包茎手術について質問があればお気軽にご連絡ください。連絡先はお問い合わせメールまで。